FX(外国為替証拠金取引)の魅力とリスク

FXとは外国為替の価格の上下を元に売買する金融商品の一つです。
数万円の元手から始める事ができ、運がよければ1日で数倍にする事もできます。
原資を増やし、日本円より金利が高い国の通貨に買い注文を入れる事で利益を出す金利差を利用した投資法もあります。

外貨預金や外貨を現金で直接買うと手数料が高く、為替差益が圧迫されてしまいますが、FXなら少ない手数料で最大限の為替差益を得る事ができます。

リスクも少なからずあります。
当然のことながら為替変動のリスクがあり、常に利益をもたらすものではありません。投資の仕方によっては原資が一日で半分以下になる事もあるでしょう。数千万円を1日で稼いだという話もあれば、数千万、数億を失ったという話も聞きます。

この様な話を聞くとFXはギャンブルと同じだと見られがちですが、できるだけリスクを減らす投資方法もあります。投資方法次第でハイリスクハイリターンにもなるし、ローリスクローリターンにもなる。それがFXです。

FX(外国為替証拠金取引)で損をしない豆知識

FXでは、レバレッジをかけることによって、預けた証拠金より何倍もの効果のある取引が可能となっていて、少額からハイリターンを狙えるのが魅力となっています。

とはいえ、リスクは存在しないのか、あるならば、どれくらいのリスクであり、原因はどの点にあるのかなどを先に押さえて心配を取り拭っておきたいものです。

まず、預けた証拠金以上の損がでないか気になります。しかし、殆どの業者において、証拠金以上の損が出るより早く、自動的に所有ポジションの売り買いをされるロスカットが行われることで、そういった損が出るのが防がれています。但し、為替の急激な変動があったりした場合にはその限りではなく、預けた証拠金以上にお金をとられるケースもあり、注意が必要です。

また、FXを短い時間で大量に注文をした場合には、注文した金額での取引ができない、流動性リスクといわれるリスクも可能性としてはありますが、通常は初心者に殆ど関係ありません。

安全な取引を楽しみたいものです。